マニュアル一覧

ツナゲルの利用方法(管理画面の解説・広告の掲載方法)

 

注意

現在はオープンの広告のご利用はできません。クローズド広告のみご利用ください。

管理画面の解説

クライアント

広告の掲載 現在こちらの機能はお使いいただけません。
クローズド広告 クローズド広告の検索、掲載ができます。広告主からの指名が必要です。
累計 広告へのアクセス状況、報酬の発生日時や成果の認証状態の確認ができます。
換金 現在こちらの機能はお使いいただけません。
ユーザー情報 ユーザー情報の編集やレポートの出力ができます。

メディア

広告の掲載 現在こちらの機能はお使いいただけません。
クローズド広告 クローズド広告の検索、掲載ができます。広告主からの指名が必要です。
累計 広告へのアクセス状況、報酬の発生日時や成果の認証状態の確認ができます。
換金 現在こちらの機能はお使いいただけません。
ユーザー情報 ユーザー情報の編集やレポートの出力ができます。

 

事前準備

広告を掲載するためにはメディアとクライアント双方がツナゲルへ登録する必要があります。

ツナゲルは金銭のやり取りを仲介することはありませんので後々トラブルにならないよう成果報酬の金額、掲載方法。成果の承認基準などを双方で確認しておきましょう。

広告を登録する際に入力する「広告説明文」に注意事項として入力しておくとトラブル防止になります。

用意するもの

  • LP(ランディングページ)
  • サンクスページ 

他にもバナー画像などもあれば利用できます。テキスト広告のみの場合は必要ありません。

広告の登録手順

サイドバー「クローズド広告」にある「新しい広告を登録」をクリックします。

必要事項を入力します。「※」の入力欄は必須項目です。

各入力項目の説明

ここからは各入力欄について説明いたします。

成果表示名 この広告の名前です。広告主自身はもちろんのことアフィリエイター側からもわかる名前を入力しましょう。
カテゴリーの選択 案件の内容に最も近いカテゴリーを選択します。
広告説明文 アフィリエイターの管理画面で広告選択時や成果発生時に表示されます。LPが複数ある場合はこちらにURLを入力しておくと便利です。
テキスト広告文 入力した文言がリンクのテキストリンクになります。サービス名やどのようなサービス名なのかを入れておきましょう。
ジャンプ先URL(固定・アフィリエイターの自由入力) LPが一つしかない場合は固定を選択。LPが複数ある場合などは自由入力でアフィリエイターが任意のLPを選択できるようにしておきます。※詳細後述
獲得単価 クリックでの報酬金額の入力欄です。クリックでの成果が必要ない方は「0」と入力してください。
クリック単価 クリックでの報酬金額の入力欄です。クリックでの成果が必要ない方は「0」と入力してください。
継続課金 継続利用に対して報酬を発生させる場合に使います。必須項目ではないため必要ない場合は未入力で構いません。
予算上限 様々な条件で上限を設けることができます。上限なしの場合は「0」と入力してください。
クリック間隔 同一ユーザーからのクリックを一定期間無効にする不正防止機能です。1分~10分程度での設定が目安です。
報酬成果間隔 同一ユーザーからの成果を一定期間無効にする不正防止機能です。1時間程度での設定が目安です。
各種成果の認証 発生した成果を広告主自身で認証作業を行うのか自動で認証されるかを選択します。
広告バナー 最大3つのバナー画像を登録することができます。
広告認証形式 推奨はIPまたはcookie(1st)です。IPとcookie(1st)の違いは当ページ下部にて詳しく説明しています。
広告の公開/非公開 公開にするとアフィリエイターが広告を取り扱えるようになります。非公開はいわば下書き状態です。
対象ユーザー ここで選択したアフィリエイターのみに広告が公開されます。

入力が完了したら「入力内容の確認」を押し、表示された内容を確認して「登録を完了する」を押せば広告の登録が完了です。

 

ジャンプ先URL

ジャンプ先URLを「固定」する場合はURLを⼊⼒します。基本的にはLPのURLを入力する欄です。

「アフィリエイターの⾃由⼊⼒」を選択する場合は、 ジャンプ先URLを⼊⼒する必要はありません。各ユーザーの管理画⾯にてジャンプ先を⾃由に設定することができます。

複数のLPの用意があり、アフィリエイターが状況に応じて使い分けるような場合に利用します。

獲得単価の設定

1件の成果が上がった際に、100円の固定報酬を⽀払う場合の設定です。

1件の成果が上がった際に、売上の10%の報酬を⽀払う場合の設定です。

ユーザーランクで設定された利益率の報酬を⽀払う場合の設定です。

ユーザー個⼈で設定されたレートで報酬を⽀払う場 合、または、ペナルティの設定です。(※ユーザー情報の編集フォームにてレートの設定を⾏います。)

 

クリック単価

広告がクリックされた時に発⽣する成果です。

継続課⾦

広告の成果報酬が発⽣した際、成果をあげたユー ザーに対して定期的に⼩額の報酬を与える(キック バック)ことができます。 下記のURLを開くと、継続報酬が発⽣します。

※継続報酬を発⽣させる場合のキックバックURL https://tsunageru.org/manage/continue.php?uid=成果識別ID&adwares=広告ID&check=広告認証パスワード 【成果識別IDとは】・・・重複しない値(ハッシュ) 例)商品注⽂完了ページに、トラッキングコードを設置する場合は「 uid=注⽂ID」など 会員登録完了ページに、トラッキングコードを設置する場合は「 uid=会員ID」など

予算上限

ユーザーに⽀払う額の上限の設定です。 予算オーバー時に、キャンペーン終了画⾯などに、 ジャンプ先URLを設定する事ができます。

※ティア設定は影響されませんので、あくまでも⽬安としてお使い下さい。

クリック間隔

不正防⽌のため、⼀定の時間内はクリック報酬を発⽣させない設定をすることができます。

成果の認証

成果の認証を⾃動で⾏うか、⼿動で⾏うかを設定し ます。

成果認証が⼿動の場合、発生した成果毎に各成果情報ページにて、成果の認証を⼿動で⾏う必要があります。手動で認証を行う方法は下記の記事を参考にしてください。

広告へのアクセス・成果状況の確認と承認の方法

  広告へのアクセス状況の確認 アクセスログの確認 アフィリエイト広告へのアクセス状況を確認することができます。メニュー内「累計」の「広告へのアクセス履歴」をクリックすると、 検索フォームが ...

続きを見る

 

広告認証形式の違いについて

ツナゲルの広告認証形式はIP、cookie(1st)、cookie(3rd)の3つがありますがcookie(3rd)は古い形式となり、仕様上iPhoneからの成果を計上することができないため推奨はIPまたはcookie(1st)となります。

IPでの認証

IPアドレスを照合して認証します。固定回線であれば確実に認証できますが、外出時のスマートフォンなどモバイル回線やFree wifiなどで接続している場合は、接続先が変わる度にIPも変わってしまうため、認証ができなくなります。

Cookieでの認証

ユーザーのブラウザにCookieを記憶させ、それを利用して認証します。

端末や回線に関係なく認証できますが、Cookie自体はユーザーが自由に編集できる情報のため、トラッキングを嫌うユーザーからは削除や遮断されることがあります。

 

-マニュアル一覧

Copyright© ツナゲル , 2019 All Rights Reserved.