マニュアル一覧

ツナゲルで成果が発生しない時の原因と対策

 

注意

広告の登録を行った際は必ず成果が発生するかどうかテストを行ってください。

ツナゲルで発行したリンクコードをブログに貼り付けてテストを行っても成果が発生しない場合には複数の理由が考えられます。

ここでは成果が発生しない場合に考えられる原因とその対応策を解説しています。

ブラウザにブロックされている

最も多い原因としてブラウザにブロックされてしまうことが上げられます。この問題はサンクスページやLPをSSL化している場合に見られるものです。

LPやサンクスページがSSL化されているのにも関わらずタグがSSL化されていない場合、ブラウザによってブロックされてしまうことがあります。

【対策】設置するタグをhttpからhttpsにする

 この場合の対策は非常に簡単で設置するアクセスタグ内の「http〜」の部分を「https〜」に変更するだけです。

LPやサンクスページがSSL化されていない場合は「http〜」の状態でも成果は発生します。

アクセスタグやトラッキングタグが正しく設置されていない

アクセスタグとトラッキングタグを正しく設置し、それらが読み込まれることにより成果が発生します。それぞれのタグが正しいページに正しく設置されているか確認しましょう。

共通トラッキングコードの「アクセスタグ」

こちらは、広告のリンク先ページの中に貼り付けるタグです。

ユーザーがアクセスタグを読み込むことによって、広告経由でそのページにアクセスしたという記録がアフィリエイトシステムに送信されます。

トラッキングの際に必要な情報となりますので、こちらのタグを省略することはできません。

共通トラッキングコードの「トラッキングタグ」

トラッキングタグは、登録完了画面や購入完了画面といったサンクスページに貼り付けていただくタグです。

ユーザーがトラッキングタグを読み込むことによって、アクセスタグの情報と照合が行われ、成果発生条件を満たしていればアフィリエイト成果が発生します。

 

-マニュアル一覧

Copyright© ツナゲル , 2019 All Rights Reserved.